■プロフィール

【草莽安城】
活動分会:安城市自治基本条例の
ありかたを考える市民の会

「安城市自治基本条例に関するアンケート」は終了しました

小冊子「自治基本条例に騙されるな」プレゼント実施中!!【詳細】

晴夫

Author:晴夫


活動方針【詳細】
一、安城市自治基本条例の廃止を含めた見直しを求める活動を進めます。
二、安城市自治基本条例による安城市および市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らすための活動を進めます。
三、地域の問題に関心をもち、町内会活動など身近な地域の活動に参加して健全な地域社会の維持と活性化に協力し、地域の声を行政や市議会に届ける一助となる活動を進めます。

当会の活動や安城市自治基本条例に関する皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
また、当会の活動方針に賛同し、共に活動して下さる方がおられましたら、是非ご連絡ください。
あなたの賛同できる部分だけの活動でも構いませんし、空いた時間を利用しての少しの活動でも大歓迎です。
皆様のご意見・ご協力が市政を変える力になります。お気軽にご参加ください。
連絡先:このブログのコメント欄・下部メールフォームにメッセージを入力していただくか、
受付担当:事務局(林)
Eメール:nipponbare527@gmail.com
電話:090-2896-2845
までお願いします。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■訪問者数

■カテゴリ
■最新記事
■リンク
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

安城市議会基本条例と議員政治倫理条例のパブリックコメント募集中!
※平成26年10月16日 コメント欄に いただいたご意見を記事末に追加!)※

晴夫です。

現在、安城市議会では、

「安城市議会基本条例(素案)」




「安城市議会議員政治倫理条例(素案)」

への意見募集(パブリックコメント)を実施しております。
http://www.city.anjo.aichi.jp/shisei/gikai/ikenbosyuu.html
締め切りは10月31日必着です。みなさま、どしどし意見を送ってください。

このブログを応援していただいているみなさまには、これらの条例にどのような問題が潜んでいるのか、だいたい見当がつくかと思いますが、今回提示された各条例素案の問題点を簡単に示しますと・・・


安城市議会基本条例(素案)の問題点


【1】まず、条例の必要性がはっきりしません。
市民の声を聞いて市政に反映することや、議会において議員間で討議を活発にすることなど、やろうと思えば今すぐにでもできることではないでしょうか? 今までやってこなかったんでしょうか?
議会基本条例が無いせいでこれらのことができないという理由は全く説明されていませんし、そんなことは無いと思います。


【2】議会基本条例(素案)は、「安城市自治基本条例」の関連条例です。
自治基本条例で問題となっている異常に意味を拡大した「市民」の定義がそのまま流用できる条例になっています。
「市民」という言葉は地方自治の基礎となっている憲法や地方自治法には使われていない言葉で、安城市自治基本条例では「市民」に市外在住者や外国人をも含めて、本来、安城市に住む有権者にしか認められていない地方参政権(市の意思決定に関わる権利)を、市外在住者や外国人にも保障するという憲法違反・地方自治法違反をやってのけています。
  
議会基本条例(素案)ではまた、議員を「市民の代表者」、議会を「市民を代表する意思決定機関」と定義し、議会の目的を、「市民福祉の向上」と位置付けています。
当然のことながら、議員は安城市住民である有権者によって選挙
で選ばれて議員になるのですから、「住民の代弁者」ではあっても、「市民の代表者」であるはずがありません。安城市での選挙権の無い市外在住者や外国人の代表に、いつどうやってなったのでしょうか?、  全くの謎で、深い闇を感じます。
議員が市民の代表者で有り得ないということは、当然、議会が市民を代表して意思決定することなどできないし、ましてや「市民福祉の向上」などという言葉は全く意味不明です。
  
市民福祉の向上ってなんでしょうか?安城市が、刈谷市や知立市に住んでいる人の年金や医療費を肩代わりするとでも言うのでしょうか? 最近、最高裁で違憲とされた外国人への生活保護支給を、安城市は最高裁の判決を無視して行なうことを議会が大賛成するということでしょうか? 
それって私たちが安城市に納めた税金ですよ? 全く意味不明です。

【3】議会基本条例(素案)には、議会に関する他の条例や規則の制定改廃をするときには、議会基本条例に合わせなければならないとする規定(最高規範規定)が第21条にあります。
これっておかしいですよね? 条例の内容が現状に合わなくなったり、現状に合った条例を新しくつくろうとするときには、そのときの現状や、できれば予測可能な未来の変化に対応できるように条例をつくるのが当然です。
それなのに、以前につくった、それも「市民の代表」とか「市民福祉」とか、現時点ですでに問題の多い議会基本条例に合わせなければならないと決める必要ってありますか?
  
第一、条例には、どちらかがどちらかに合わせなければいけないなどという上下関係はありません。現状に合わない条例なら、どちらが上とか下とかではなく、両方とも合うように見直さなければ変える意味が無いのです。
議会基本条例に他のきまりを合わせなければならないという不当な決めつけは、議会の判断の自由を奪い、時代に合わせた柔軟な議会運営を難しくしてしまうのです。
議会の自由が奪われるということは、その議会を選んでいる私たち有権者の自由が奪われているのと同じことなのです。

未来のことは、未来の有権者や議員さんに任せ、できるだけ自由に、幅広く決めることができる環境を残しておくのも、現在を生きる私たちの役割です。
現在の私たちのエゴや思い込みで未来を縛ってはいけません。



安城市議会議員政治倫理条例(素案)

の問題点


【1】議会政治倫理条例(素案)にあげられている第3条の政治倫理基準には、(1)項、(2)項、(6)項のように、個人の価値観や思い込みによってどうとでも受け取れる基準や、「~のおそれ」といった、客観性に欠けるあいまいな基準が多く、「言い掛かり」に近い理由で議員を「政治倫理基準違反の疑い」として審査に送ることができます。そのようなあいまいな基準で審査対象となった議員は、例え潔白であったとしても、政治倫理審査にかけられたというその事実だけで、政治的な立場や信用が大きく傷つき、政治生命に関わるダメージを負うことになります。まさに、議員にとって政治倫理審査は、「処刑台」なのです。
そのような重大な場に、あいまいでイメージ的な基準で議員を送ってしまえる政治倫理条例(素案)の内容は大きな問題です。

【2】議会政治倫理条例(素案)では、住民の1%(1/100以上)の署名による請求によって、倫理基準違反の疑いがあるとされた議員に対して政治倫理審査会を開くことを請求できますが、これではあまりにもハードルが低すぎます。
安城市のホームページによれば、現在の安城市の有権者数は約14万人ですので、ある議員を政治倫理審査という「処刑台」に送るためにはその1%以上、およそ1500名程度の署名があればできてしまうのです。
http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/senkyo/anjosenkyo/torokusya.html
   

何が問題かというと、安城市議会に議席をもっている政党や政治団体の中でも、組織的背景をもつ共産党や公明党、新社会党、労働組合系団体などは、1500筆程度の署名など簡単に集めて、自分たちの意見に反対する議員に対して政治倫理審査をやるぞ、と、脅したり圧力をかけたりすることができるようになるのです。

署名を集める期間や通知の定めも無いのですから、それこそ、1500名分の署名を事前に集めておいて、何かあったらその署名用紙に政治倫理審査に送りたい議員の名前と当てはまりそうな倫理基準を書き込めば、「処刑執行状」のできあがりです。

前回の選挙での各勢力の得票数を確認してください、
http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/senkyo/anjosenkyo/senkyokekka/14shigi.html
どの勢力も1500票以上の票を得ているのです。
 
これでは、組織支援が弱く、草の根の支持に支えられている、いわば一般の住民に近い場所で活動をしている無所属の議員などは、いつ「処刑台」に送られるのか分からないのですから、議会の中で自分の意見を言うことができず、ちぢこまってしまい、議席は少なくても組織をもつ政党や政治団体の意見ばかりが通る議会になってしまいます。


政治倫理審査に必要な住民の署名の数は、少なくとも有権者総数の2割程度は必要でしょう、1%では、「処刑台」の重さに比べてバランスが悪すぎます。
私たちの代弁者である議員が自由にものを言うことができなくなる決まりができるのを許してはいけません。

長くなりましたが、今回、パブリックコメントを募集する2つの条例の問題点を簡単に記しました。
更に詳しい問題点の指摘は、ブログの追記部分にのせておきますので、興味のある方はご覧下さい。





ともかく、2つながら問題の多い条例素案です。

このままでは、特定の組織や政党に属さない、

普通の住民の意見は無視されてしまいます!

みなさま、是非とも市議会に意見を送り、

条例の問題点を正していきましょう!!

意見送付は決して無駄ではありません。

なにも言わなければ、あなたの思いは、

「無い」

のと一緒になってしまうのです!!!



意見の送り先は安城市議会です。
郵送・FAX・メールのいづれでも送れます。
詳しくは市議会のホームページ
http://www.city.anjo.aichi.jp/shisei/gikai/ikenbosyuu.html
をご確認下さい。

以上、晴夫でした。


↓↓↓さらに詳しい問題点はこちら↓↓↓
  (続きを読む≫≫をクリック!)


続きを読む >>
関連記事
活動報告・お知らせ | 22:15:46 | トラックバック(0) | コメント(8)