■プロフィール

【草莽安城】
活動分会:安城市自治基本条例の
ありかたを考える市民の会

「安城市自治基本条例に関するアンケート」は終了しました

小冊子「自治基本条例に騙されるな」プレゼント実施中!!【詳細】

晴夫

Author:晴夫


活動方針【詳細】
一、安城市自治基本条例の廃止を含めた見直しを求める活動を進めます。
二、安城市自治基本条例による安城市および市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らすための活動を進めます。
三、地域の問題に関心をもち、町内会活動など身近な地域の活動に参加して健全な地域社会の維持と活性化に協力し、地域の声を行政や市議会に届ける一助となる活動を進めます。

当会の活動や安城市自治基本条例に関する皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
また、当会の活動方針に賛同し、共に活動して下さる方がおられましたら、是非ご連絡ください。
あなたの賛同できる部分だけの活動でも構いませんし、空いた時間を利用しての少しの活動でも大歓迎です。
皆様のご意見・ご協力が市政を変える力になります。お気軽にご参加ください。
連絡先:このブログのコメント欄・下部メールフォームにメッセージを入力していただくか、
受付担当:事務局(林)
Eメール:nipponbare527@gmail.com
電話:090-2896-2845
までお願いします。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■訪問者数

■カテゴリ
■最新記事
■リンク
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

活動方針(平成25年12月23日)
晴夫です。

平成25年12月13日に行われた、安城市議会12月定例会総務企画常任委員会において「安城市自治基本条例の廃止を求める請願書」が不採択となった結果とその審査内容を受けまして、私たち「安城市自治基本条例の廃止を求める会」の今後の活動方針を以下の通りに定めました。




安城市自治基本条例の廃止を求める会
活動方針(平成25年12月23日)


一、安城市自治基本条例の廃止を含めた見直しを求める活動を進めます。
 
説明:平成25年12月の安城市議会定例会において当会が提出した「安城市自治基本条例の廃止を求める請願書」は、この条例の違法性と危険性とを訴え、関連する他条例と共に廃止することを求めたものでしたが、残念ながら議会において採択されるには至りませんでした。
 安城市自治基本条例は多くの問題を抱えた危険な条例です。
 この条例のもつ危険性のひとつとして、日本における代表制民主主義という地方自治の大原則を破壊する危険性があるということは事実なのです。しかしながら、この条例が、その制定過程や内容に深刻な問題を抱えたものであっても、現にその代表制民主主義による市議会において、私たち安城市の有権者が選んだ議員による全会一致の議決が成立したこともまた、事実なのです。
 この議会における全会一致の議決という事実は重いものですから、これを安易に否定することもまた、代表制民主主義の健全性を傷つけかねません。
 違法条例の存在と、それを決めた議会の尊重。現在の安城市は、このような相反する事実が存在する状況なのです。
 当会としましては、問題だらけで危険な「安城市自治基本条例」が現状のまま存在することを認めることはできません。しかし、議会の決定と「市の行政に住民の意見や要望を適切に採り入れ、市政における住民の福祉の増進を図る」という、安城市自治基本条例のもつ理念の地方自治における重要性は尊重されるべきものとして認められると考えます。
  以上より、今後の当会の活動方針の第一として、現状のままの条例が存続してしまう事態に備えて、市議会への請願や市長への直接請求によって条例の廃止を求める選択肢は保持するものの、より現実的に条例の問題や危険性を低減・解消するために、条例の内容の見直しを議会と行政に働きかけていきます。

具体的な活動としましては、自治基本条例の問題点や危険性があまり知られていない現状を考え合わせまして、安城市民の皆様への周知・広報活動を第一に進めていきます。

二、安城市自治基本条例による安城市および市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らすための活動を進めます。

説明:当会は安城市自治基本条例と、それに連動する他の条例や市の施策の制定改廃や運用の状況を注意深く見守ります。
 そして、市による憲法や法律に反する行為があったり、市長や議会の権限が不当に軽視・制限されたり、住民の権利が不当に軽視・侵害されたりして公共の福祉が著しく阻害されるなどの、自治基本条例に関連する市政や市住民への悪影響が考えられる場合や、現に認められる場合には、行政や議会に条例や市の施策を見直し、問題点を改めるよう働きかけを行います。

具体的な活動としましては、市政に関する情報を常に確認し、地方自治や地域の問題に関する見識を磨き、また、考え方の近い市議会議員に意見を伝えたり、市の行う施策に対する意見聞き取り等に可能な限り対応し、適切な意見を行政に伝えたり、市の施策に関して市役所に問合せや交渉を行います。また可能であれば、市議会に対して陳情や請願を行ったり、市長へ直接請求を行います。

三、地域の問題に関心をもち、町内会活動など身近な地域の活動に参加して健全な地域社会の維持と活性化に協力し、地域の声を行政や市議会に届ける一助となる活動を進めます。
  
説明:自治基本条例のような危険な問題条例が無くとも、住民の代表や代弁者にふさわしい人物を市長や市議会議員に選び、住民の意見が行政や議会へ適切に反映されるように自ら考え、地域のために行動する住民が増えていくことが、市議会の空洞化・形骸化や行政の行き過ぎを防ぎ、自治条例的なサヨクのペテンに騙されない、健全な市政と地域社会をつくるために必要なのだと考えます。
具体的な活動としましては・・・・仕事や生活に追われる私(晴夫)のような住民が、どのようにして地域の力になれるのか? これは当会、というか私の今後の課題でもあると思います。

以上の三つの方針を、今後の当会の活動方針といたします。なお、この三つの方針に優先順位はありません。全てが同様に重要で、全てを同時に、あるいは、できることをできる限り、取り組んでいきたいと考えております。

以上、晴夫でした。



当会の活動や安城市自治基本条例に関する皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
また、当会の活動方針に賛同し、共に活動して下さる方がおられましたら、是非ご連絡ください。
あなたの賛同できる部分だけの活動でも構いませんし、空いた時間を利用しての少しの活動でも大歓迎です。
皆様のご意見・ご協力が市政を変える力になります。お気軽にご参加ください。
連絡先:このブログのコメント欄・メールフォームにメッセージを入力していただくか、
    Eメール:nipponbare527@gmail.com
        受付担当:事務局(林)090-2896-2845
までご連絡ください。
活動方針 | 11:41:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する