■プロフィール

【草莽安城】
活動分会:安城市自治基本条例の
ありかたを考える市民の会

「安城市自治基本条例に関するアンケート」は終了しました

小冊子「自治基本条例に騙されるな」プレゼント実施中!!【詳細】

晴夫

Author:晴夫


活動方針【詳細】
一、安城市自治基本条例の廃止を含めた見直しを求める活動を進めます。
二、安城市自治基本条例による安城市および市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らすための活動を進めます。
三、地域の問題に関心をもち、町内会活動など身近な地域の活動に参加して健全な地域社会の維持と活性化に協力し、地域の声を行政や市議会に届ける一助となる活動を進めます。

当会の活動や安城市自治基本条例に関する皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
また、当会の活動方針に賛同し、共に活動して下さる方がおられましたら、是非ご連絡ください。
あなたの賛同できる部分だけの活動でも構いませんし、空いた時間を利用しての少しの活動でも大歓迎です。
皆様のご意見・ご協力が市政を変える力になります。お気軽にご参加ください。
連絡先:このブログのコメント欄・下部メールフォームにメッセージを入力していただくか、
受付担当:事務局(林)
Eメール:nipponbare527@gmail.com
電話:090-2896-2845
までお願いします。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■訪問者数

■カテゴリ
■最新記事
■リンク
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地方自治学習会を開催します
晴夫です。
新年最初の記事となります。皆様、明けましておめでとうございます。
新年早々ではございますが、来る平成26年1月12日(日)に、当会主催の学習会・意見交換会を開催いたします。

◎地方自治学習会(安城市自治基本条例・安城市多文化共生プラン(案))
日  時 : 平成26年1月12日(日) 午前10:00~12:00
場  所 : 安城市 二本木公民館 2階 第2会議室(開場9:30)
         愛知県 安城市 三河安城本町 1丁目13番地9
内  容 : 1.安城市自治基本条例に関する意見交換
         2.安城市において意見を募集している「安城市多文化共生プラン(案)」へ
          各人の意見を送付するための内容検討・意見交換。
          ※地方自治の専門家などの講師が来ることはありません。
           あくまで当会同志による自主的な集まりです。

参加資格 :特にありませんが、会場の収容人数と資料準備の関係上、参加をご希望の方は
        できれば1月9日(木)までに参加希望のご連絡をしていただけるとありがたいです。
                 また、当日は自己紹介などもしていただきますので、ニックネームでも本名でも、
                 御自分の呼び名を考えておいていただけると助かります。
参 加 費 :不要です
お問合せ
:Eメール:nipponbare527@gmail.com (メールフォームからでも可)
        電 話 :090-2896-2845 事務局(林)

○「安城市多文化共生プラン(案)」に対する意見提出については、安城市が平成25年12月18日~平成26年1月17日に意見募集をしており、内容に自治基本条例との連動性が認められることから、皆で市に意見を提出して自治基本条例による市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らす活動としようと考え、今回の学習会・意見交換会を行います。
(参考)安城市多文化共生プラン(案)
http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/tabunkapuran.html
意見の提出方法
持参の場合:市民協働課へ(安城市役所本庁舎3階)
郵送の場合:〒446-8501 安城市役所市民協働課あて
ファックスの場合:0566-76-1211又は0566-72-3741
Eメールの場合: kyodo@city.anjo.lg.jp
パソコン、携帯電話の場合:ウェブサイト「あいち簡易電子受付サービス」
入力フォーム(外部リンク)

多文化共生については、既にヨーロッパ各国において取り組まれてきた多文化主義による移民政策が破綻し、大きな混乱を引き起こしていることが知られています。
(参考)
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/09f991d4db8998245c50dc930a445139
http://migigimi.blog.fc2.com/blog-category-26.html
 (↑今回の意見募集を取り上げていただきました!)














 日本における多文化共生は現在のところは移民政策に関連したものではありません。
 しかし、安城市に住む外国人のほとんどは出稼ぎに日本に来ているのであって、別に文化交流や日本文化の理解のために日本に居るわけでは無いというのも事実です
 目的はともかく市の住民である以上、彼ら外国人に生活していく上で適正な行政サービスが届くように配慮したり、日本人との間に無用な対立や混乱を起こさないための方策として、また、地域の防犯・防災・治安維持のために外国人のコミュニティーやネットワークとの意思疎通の方法を確保する取り組みは必要でしょうが、来日の目的が出稼ぎである以上、彼ら外国人は必要なだけ稼げば、あるいは働くことができなくなったら、母国へ帰るのが原則なのです。ですから、外国人のために社会や地域を恒久的に変えてしまおう、市政に外国人を参画させようという取り組みは誤りであるといわざるを得ません。
 
 また、この多文化共生の動きが行き過ぎて、「日本人の無国籍化」や「外国人の日本人化(在日2世・3世などがルーツ国の言葉を話せないなど、母国の文化と断絶してしまい、母国へ帰って生活する術を失い、日本にしか住めなくなるなど)」が進んでしまえば、日本はまたしても グローバル化という名の日本人らしさや日本の文化・伝統の喪失と、在日朝鮮人問題に続く、第2・第3の在日外国人問題を抱えてしまう危険があります。
 「多文化共生」が、「同化政策」に陥ることは非常に警戒しなければならないのです。

 一方で、安城市の行ったアンケートによると、日本人の住民が感じている外国人の影響として、【不安感の増加】を感じていると答えた人が52.1%、【社会的負担の増加】を感じていると答えた人が60.1%安城市多文化共生プラン(案)35ページ)と、安城市内においても日本人の住民が外国人に対して好意的であるかといえばそうではなく、多くの人が外国人に対する不安や負担感をもっていることが明らかです。
無題13

このように現在において、外国人居住者に対して安城市に住む多くの日本人が不安や負担を感じている状態であるのに、安城市として多文化共生プランを強引に推進し、外国人に対するサービスを厚くして外国人を優遇し、日本人に税金その他(騒音問題・治安悪化等)の社会的負担を強いることが果たして適切なのでしょうか? 日本の行政は誰のためのものなのでしょうか?日本人を守るための行政では無いのでしょうか?

 そして、多文化共生の動きと自治基本条例との連動という点からは、外国人は居住者も非居住者も自治基本条例における『市民』ですから、外国人優遇の動きに乗じて、人権擁護条例、人種差別禁止条例、外国人への住民投票参加資格や地方参政権の容認といった、日本人への言論・思想弾圧を可能にしたり、日本国民固有の権利を侵害する条例がつくられる動きを警戒しなければなりません。
 日本は日本人の国です。日本国や日本社会の制度は日本人を守るために存在するのであって、他国人の権利や利益を満足させるためにあるのではありません。日本人に認められていることが外国人に認められていないというのは、それが日本人や日本社会を守るために必要な区別だからなのであって、異なる価値観や異文化に対する適切な警戒心からなされる区別は差別とは異なるものです。外国人が参政権その他の権利を得て政治や社会に貢献したければ、自分の国でその志を遂げるべきです。それを出稼ぎ先の日本でやろうとするのは日本人に対する差別であり権利侵害であり、侵略に等しい行為です。
 第一、出稼ぎが目的の外国人が、生活の利便以上の自らの権利拡大を本当に望んでいるのでしょうか?望んでいるのだとしたら、もはや多文化共生の問題は単なる出稼ぎ労働者の受入れ国における待遇をどうするかという問題ではなく、日本における民族問題、民族紛争であると捉えられるべきでしょう。
 日本を破壊するお膳立てを、わざわざ地方自治体が行おうとしているのです。一体どういうつもりなのでしょうか?


(参考)何でも「人権侵害」にできる人権擁護法案(日本政策研究センターオピニオン)
 http://www.seisaku-center.net/node/361


無題14[1]

 今回の意見交換会では、以上のような観点も踏まえ、参加者の皆様が日常生活の中で感じたり体験したりしておられる中での外国人問題への考え方、市の多文化共生方針に対しての意見等を出し合い、より良い安城市をつくるために各人が市への意見提出をするための一助となるような活動ができればと考えております。

 是非、当会主催の地方自治学習会(安城市自治基本条例・安城市多文化共生プラン(案))へのご参加および、安城市自治基本条例・安城市多文化共生プラン(案)への意見送付をお願いいたします。
(参考)安城市多文化共生プラン(案) 
http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/tabunkapuran.html


◎地方自治学習会(安城市自治基本条例・安城市多文化共生プラン(案))
日  時 : 平成26年1月12日(日) 午前10:00~12:00
場  所 : 安城市 二本木公民館 2階 第2会議室(開場9:30)
         愛知県 安城市 三河安城本町 1丁目13番地9
内  容 : 1.安城市自治基本条例に関する意見交換
         2.安城市において意見を募集している「安城市多文化共生プラン(案)」へ
          各人の意見を送付するための内容検討・意見交換。
         ※地方自治の専門家などの講師が来ることはありません。
         あくまで当会同志による自主的な集まりです。

参加資格 :特にありませんが、会場の収容人数と資料準備の関係上、参加をご希望の方は
        できれば1月9日(木)までに参加希望のご連絡をしていただけるとありがたいです。
                 また、当日は自己紹介などもしていただきますので、ニックネームでも本名でも、
                 御自分の呼び名を考えておいていただけると助かります。
参 加 費 :不要です
お問合せ
:Eメール:nipponbare527@gmail.com (メールフォームからでも可)
        電 話 :090-2896-2845 事務局(林)

以上、晴夫でした。
関連記事
活動報告・お知らせ | 00:43:08 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-12 日 23:24:38 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。