■プロフィール

【草莽安城】
活動分会:安城市自治基本条例の
ありかたを考える市民の会

「安城市自治基本条例に関するアンケート」は終了しました

小冊子「自治基本条例に騙されるな」プレゼント実施中!!【詳細】

晴夫

Author:晴夫


活動方針【詳細】
一、安城市自治基本条例の廃止を含めた見直しを求める活動を進めます。
二、安城市自治基本条例による安城市および市住民への悪影響や被害を防ぎ・減らすための活動を進めます。
三、地域の問題に関心をもち、町内会活動など身近な地域の活動に参加して健全な地域社会の維持と活性化に協力し、地域の声を行政や市議会に届ける一助となる活動を進めます。

当会の活動や安城市自治基本条例に関する皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
また、当会の活動方針に賛同し、共に活動して下さる方がおられましたら、是非ご連絡ください。
あなたの賛同できる部分だけの活動でも構いませんし、空いた時間を利用しての少しの活動でも大歓迎です。
皆様のご意見・ご協力が市政を変える力になります。お気軽にご参加ください。
連絡先:このブログのコメント欄・下部メールフォームにメッセージを入力していただくか、
受付担当:事務局(林)
Eメール:nipponbare527@gmail.com
電話:090-2896-2845
までお願いします。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■訪問者数

■カテゴリ
■最新記事
■リンク
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

安城市多文化共生プラン(案)への意見提出の御礼と拡大行動
晴夫です

 「安城市多文化共生プラン(案)」への意見提出は昨日締切となりました。
 市内外の方から意見を送ったよとの報告がありました。みなさま本当にありがとうございました。
 今後、この意見送付の結果が発表され、それに対する市の審議会が開かれるはずです。そこでの対応・働きかけをまた皆さんとともに行動していくことになると思います。よろしくお願いします。

 さてここで、もうひとつ拡大しての意見送付、つまり、安城市を超えて愛知県・政府への意見送付をご案内したいと思います。

 多文化共生自体は総務省が出している国の方針です。安城市に限らず、どの自治体でも計画・推進はしているはずです。
 国や県の方針が変わらないことには、「国(県)の方針だから」という理由を盾に、住民アンケートや意見募集の内容など無視して、安城市が強行推進をやりかねません。
 また、”横並び”の意識が強いのが地方公共団体であったり地方議会であったりするというのは、自治基本条例への反対活動を通して痛感しているところです。
 本来、市長や市議会議員は地元の声を最優先に汲み上げるべきなのですが、現実はそうではない。”よそがやっているから、ウチも” という理由にもならない理由で、地元の意見など聞いているポーズだけで物事を進めてしまいます。
 「他の市でも反対運動が起きている」と、「他の市では反対など無い」とでは、市長や役人、議員先生にとってはエライ違いなのです。バカバカしいハナシですが。



 そこで、私たちの多文化共生への意識が高まっている今、地方公共団体への抗議とともに、政府や総務省への意見送付も必要かと思います。
 
 主な意見送付先を以下にご紹介します。

○首相官邸ご意見ご感想 
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html


○政府機関(総務省)へ意見
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


○新藤義孝 総務大臣へ意見送付
http://www.shindo.gr.jp/opinion_post


○藤川政人 総務政務次官(愛知県選出参議院議員)へ意見送付
http://fujikawa-masahito.com/goiken.php


 ポイントとしましては、多文化共生を日本に取り入れる際に、国(総務省)が参考にしたイギリス、ドイツ、イタリア、スウェーデンなどにおける多文化共生主義は破綻していること。
 ドイツのメルケル首相・イギリスのキャメロン首相はともに「多文化共生主義は失敗した」と、公式に発言し、スウェーデンではイスラム系移民と元々のスウェーデン人との対立が激化し、「軽度の紛争状態ある」と評されるほどの大混乱に陥っていること。
 など、多文化共生政策を採って成功した国というのは世界にひとつも無いというのが現状であって、日本がお手本にした欧州の国々の多文化共生政策は失敗し、破綻しているのだから、日本もお手本の国の失敗から学び、現在の多文化共生政策は廃止ないしは大幅な方針転換をするべきである。ということでしょうか。

 特に、保守本流の政治家といわれる新藤総務大臣には是非とも訴えたいところです。

 そして、タイミング良くというかなんというか、お隣の静岡県では、県の多文化共生基本計画への意見を募集しています。
 静岡県、特に浜松市は日本最悪の多文化共生汚染地と言って良いほど、この政策がはびこっています。
※参考http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-325.html(コメント欄に重要な情報が多く投稿されています)


静岡県の関連ページはコチラ
http://www2.pref.shizuoka.jp/all/shingi.nsf/pc_sosiki/71736251E78D2C6649257C47001DA8DE

 様式は自由、県民意見募集とありますが、意見提出者の資格的なことは書いてないので、私は愛知県在住者として堂々と意見送付をしようと思っています。締切は1/23です。
 政策の細部への意見というより、とにかく外国人にへつらい、不要に優遇し、日本人を差別する多文化共生政策に反対だということが伝わることが大切だと思います。みなさまの御協力をお願いします。

以上、晴夫でした。

※当ブログ内の関連記事
http://jkihonjorei814anjo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
http://jkihonjorei814anjo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
関連記事
活動報告・お知らせ | 22:05:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する